本文へスキップ

0歳からのバイリンガル育成スクール
Soleil International School

LOGO

ママ英語For Mommy

親子英語のススメ

お子様をバイリンガルに育てたいのであれば、ママがスーパーバイザーになることがとても大切です。たとえインターに入れるとしても、教育は全部を外注することはできません。お母様がお子様の状態を見ながら、強い部分を伸ばし、足りない部分を補っていくことが重要です。そのためには、ママも英語の基礎のキぐらいは身につけていただきたいものです。それは、中学英語を勉強した方なら、そんなに難しいことではありません。
さらに、お子様の英語を主体的に伸ばしていきたいお母様は、親子英語に取り組まれることをお勧めします。インターのお子様を見ていても、ママがご家庭で語りがけしたお子様の英語力は、それがまったくないお子様とは段違いです。


英語で語りかけたいけど、発音が心配?!

ママに英語の語りかけを勧めると、真っ先に出てくるのがこの質問です。「私の発音で、子供は間違って覚えてしまったりしないでしょうか・・・?」 答えは、大丈夫です。もちろん、おそらくママの発音には残念ながら問題はあるでしょう。でも、お子様には、美しい発音とそうでない発音を聞き分ける力があるのです。実はこの能力は大人にもあります。あなたのよく知らない言語、例えばフランス語のネイティブの音声と非ネイティブの音声を聞いたとしても、あなたはどちらがネイティブによるものかすぐにわかるでしょう。子供はもっといいお耳を持っていますから、いい発音かわるい発音かがわかるのです。そして、いい発音のほうを選択して覚えていきます。だから、十分なネイティブ音声を聞かせていれば、そんなに心配する必要はないのです。それよりも、大好きなママと英語でコミュニケーションできる喜びのほうがずっと重要なのです。
とはいえ、日本人の英語は、「もはや英語ではない」レベルの発音であることもあります。お子様に語りかけるなら、発音がよいに越したことはないので、発音クラスを受講されることをお勧めします。発音のコツを習うだけで、見違えるようにきれいに話せるようになります。


ママ英語のプログラム 〜発音クラス〜

英語で語りかけをしたいママのためのプログラムもいくつか用意しています。まずは、発音の矯正とフォニックスを学んでいただきます。日本人は、発音の基礎をまったく学んでいない人が多いので、ちょっとしたコツを聞くだけでも、格段に変わってきます。少なくとも、通じる英語はどなたでも話せるようになりますので、まずは、このクラスを受けていただくことをお勧めします。

すでに上級レベルの方は、ネイティブの先生のクラスを受講していただきますが、初級の方は、まずは日本人講師から発音の基礎を受講することをお勧めしています。発音の仕方やコツを日本語で聞いた方が早く学べるからです。
 

ママ英語のプログラム 〜基礎英語クラス〜

英語やり直したいママのために基礎英語のクラスもあります。英語をやり直す際に、どこかの英会話スクールに入って、3年かけて文法の本をやる、といった勉強法は、絶対にやめてください。3年たっても、おそらく、話せるようになっていないことでしょう。大切なのは、実際に使うことです。日常のできごとや、動作、感じたことを英語にしてみましょう。慣れれば、今ある語彙や知識で十分英語が話せるはずです。

ママ英語のプログラム 〜ネイティブクラス〜

ある程度英語が話せる自信がついてきたら、ネイティブを相手に実際に会話してみましょう。最初は聞き取りにくく感じた英語も、日を追うにつれて、わかるようになっていくことでしょう。聞けるようになっても、自分から話すのは難しいかもしれません。でも、それも慣れです。お子様に教えるのに慣れている優しいソレイユのネイティブ講師相手なら、気後れすることなく、話す勇気を持てることでしょう。毎週ネイティブと会話を続けていけば、相当な力になります。 

親子英語クラス

親子で英語で遊ぶ方法を学びたい方のためのクラスです。絵本の読み聞かせ、iPadのさまざまなアプリ。おもちゃなどを使用して、お子様と英語でやりとりする方法を日本人講師から学んでいただきます。


プレママさんへ

お腹に赤ちゃんを授かって、きっとドキドキしていることでしょう。どんな子供が生まれてくるのかな、と期待に胸を膨らませていることでしょう。私もそうでした。そして、生まれてくる子供は絶対にバイリンガルに育てたい、そう強く願ったところからすべてが始まったのでした。それから、どうしたらバイリンガルになれるかを研究し、試行錯誤しながら実行して、子供が英語を話し出したときには、本当に感動しました。今では、彼にとって英語が自分の言語として自由に話せるようになり、本当にやってよかったと思っています。
お腹の中の赤ちゃんは、妊娠5か月ごろから耳が聞こえるようになると言われています。胎教にどこまで効果があるかは、科学的には実証されていないかもしれませんが、脳はすでに活動していて、耳も聞こえていて、お腹の中にいるから見えないだけで、姿かたちも人間そのものの赤ちゃんなんですよ。ママの優しい語りかけや、楽しい歌声がきらいな子供などいるはずがありません。その頃から英語環境が周りにあれば、生まれてからもすんなりと受け入れることでしょう。私の場合は、妊娠5か月頃から、たっぷりの英語環境をあげていました。そしてそれは、私の妊婦生活も本当に楽しいものにしてくれたのです。
お腹にいるときは、脳が急速に成長しているときでもあります。そして、耳が聞こえるといっても水の中いいるので、外の音は聞こえにくく、ママの声が一番よく伝わります。ママが妊娠中から英語を習って、その声が赤ちゃんにも伝わり、ママも生まれた後の親子英語の準備ができたら、一石二鳥じゃありませんか?! ぜひ、プレママさんも、英語レッスン、始めてみてください。マンツーマン、もしくは、レベルにあったクラスをご紹介します。


お問い合わせはこちら

バイリンガル育児情報
無料ニュースレター
ソレイユ・フレンズ
powered byメール配信CGI acmailer

ソレイユ・インターナショナル・
ホーム・スクール

〒150-0012
東京都渋谷区広尾2-17-21
TEL 050-5532-5242

お問い合わせ