本文へスキップ

0歳からのバイリンガル育成スクール
Soleil International School

LOGO

スクール紹介ABOUT US

ソレイユ・インターナショナル・ホーム・スクール

Lesson Photo

当スクールは、幼児期から英語を身に着けたいお子様にご家庭の中に本格的な英語環境を創設する様々なサービスとバイリンガルになるためのカウンセリングを提供しております。
主なサービスは、次の通りです。
・ネイティブ英語家庭教師の派遣
・ソレイユ広尾インターナショナルスクールでの英語イマージョン教育
・週末英語イベント(科学館・音楽・公園などで開催)
・サマースクール / キャンプ
・ママ英語(発音矯正・スピーキング練習)(お子様連れ可)
・赤ちゃん英語
・英語による学科指導
・バイリンガル育児アドバイザーによるカウンセリング
・インター受験指導
・親子留学のご紹介
・英語シッターのご紹介



主な活動場所

当スクールは、主にご家庭でのバイリンガル教育をサポートしておりますので、主な活動場所は、皆様のご家庭になります。
広尾で、ソレイユ広尾インターナショナルスクールも運営しています。海外のお宅にホームステイしたような落ち着いた環境で質の高い英語に長時間浸りながら、真の知性を磨いていきます。渋谷周辺、広尾・代官山などでワークショップを開催することもあります。トップページのお知らせをチェックしてください。
家庭教師の派遣は、現在、東京近郊としております。通える範囲については、個別にご相談ください。


ネイティブ英語家庭教師

学長が自身の子供をバイリンガルに育てる際に、自分で教えるだけでなく絶対に必要だと考えたのが、ネイティブの家庭教師でした。正しい発音とネイティブの英語の発想は、不可欠だと考えたのです。でも、ネイティブの英語教師はたくさんいても、0歳の子供に上手に教えられる人はなかなか見つけることができませんでした。そこで、せっかく見つけた素晴らしい先生を、他の困っているご家庭にも紹介したい、ということで始めたサービスですが、大変ご好評をいただき、現在までに100名を超える生徒さんをお教えしてきました。お子様と楽しく遊んでくれて、勉強も見てくれて、とてもきれいな英語を、たくさん語りかけてくれる、そんなネイティブの先生をご家庭にお送りしています。移動時間ゼロ、送り迎えの負担なしで、本格的なバイリンガル育成英語レッスンをご家庭で受けていただけます。


ソレイユ広尾インターナショナルスクール

ソレイユ広尾インターナショナルスクールは、広尾の日赤病院や大使館などに囲まれた地域にあり、PreschoolとAfterschoolを運営しています。0歳から3歳までにバイリンガルの基礎を築きたいお子様のために、質の高い英語イマージョン環境と知育レッスンを提供しています。4歳以上のお子様のためのコースもございます。赤ちゃん英語、ママ英語など。週1回の家庭教師だけではバイリンガルになることは難しいです。熱心なご家庭のフォローがあれば可能なのですが、ご家庭では難しいという方は、ぜひ、スクールに通っていただきたいと思います。本格的な英語イマージョンレッスンを受けられます。


知的バイリンガル教育

幼児英語の教室はたくさんありますが、英語を自由に話せるレベルになったという話はあまり聞きません。それは、日本の英語教育は、話せるようになることを目標としていないからです。
当スクールでは、話せるようになるためにはどうすればいいかを親御様に理解していただくためのカウンセリングから始まり、バイリンガルまでの道筋をわかりやすく説明します。
特に子供は、知能の発達と共に言語を学んでいくことが重要です。小学生に赤青黄色ばかりを教えているのでは知能とのバランスが取れていません。幼稚園生・小学生は、その知能に見合った英語を学習することにより、バランスのとれたバイリンガルになるのです。
キャッチフレーズの「海外一流大学を目指す・・・」は、限定しすぎかもしれませんが、高い知力を伴うバイリンガルを目指すということをわかりやすく表現してみました。目標は、あなたの目標でよいのです。でも、英語をただ話せるだけでなく、英語で考え、英語で人とつながり、英語で自己表現のできる人になって欲しいのです。また、そこまでの視野を持ち、海外一流大学で学び、グローバル企業で実際に働いていた経験を元に作られた幼児英語教室というのはそんなにないのではないかと自負しています。


代表のご挨拶

代表山田日弓フォト

グローバル時代を迎え、世界がダイナミックにつながり、創造的な進化を遂げている中、日本はガラパゴスと揶揄されるほど内向きな思考に陥っています。日本は衰退していると公言してはばからない方もいらっしゃいますが、私たちは、子供たちにそんな未来しか渡せなくていいのでしょうか。「自分たちの時代にはそんなに英語は必要なかった。」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それは日本の経済が最高によかった頃のことです。ジャパン・バッシングを経て、現在はジャパン・ナッシングと呼ばれている時代です。要するに、こちらから発信していかなければ無視されてしまう時代に、コミュニケーション能力がなければ、世界に立ち向かうことはできません。日本の未来を明るくするためには、教育から変えていかなければなりません。今のままの教育では、グローバルエリートといえる人材は育っていかないのです。今、世界では、この時代を乗り越えて次の時代を切り開くための教育大改革が行われています。そのことは日本に暮らしている人々の耳に入ってきているでしょうか? 視野を大きく広げて、世界の子供たち、世界の教育を意識しながら、お子様の未来のために今何をすべきかを考えるべきときだと思います。
私は、留学、グローバル企業での経験を通して、グローバルな世界を体験し、日本とのギャップに愕然としました。世界の優秀な人々たちに出会い、日本はこのままではいけないということを痛感したのです。
それから、具体的な打開策をずっと考え続けてきたのですが、私が出した結論は、幼児期に英語を習得し、創造力、論理力、コミュニケーション能力の基礎を幼児期から小学生にかけて伸ばしておくことが必要だということです。特に、英語に関しては、日本人にとっては大人になってから学ぶことはほぼ不可能です。もしそれを可能にするとしたら、膨大なコストをかけることによって他の大切な何かを失うことになるでしょう。国家をあげてそんな無駄をする必要はないのです。幼児期であれば、もっと楽に身につけることができるのですから。多くのお子様が、早期バイリンガル教育によって、広い視野と柔軟な思考を身につけ、グローバルに活躍してくれることを願ってやみません。

Soleil International School学長
バイリンガル育児コンサルタント
山田 日弓

<学長経歴>
東京大学法学部卒、米デューク大学ロースクール卒、米コロンビア大学研究員、外資系企業勤務などを経て、グローバルで活躍する人材を育成するために起業。日本人が高度な英語力を身につけるためには幼児期に英語脳を作ることが重要であるとの研究結果に基づいて「0歳からのバイリンガルスクールSoleilis」を設立。海外一流大学を目指せるレベルのバイリンガル育成法を指導。自身の3人の子供もバイリンガル育児中。


《運営会社》
ソレイリス株式会社
代表取締役社長 山田 日弓
東京都渋谷区広尾2-17-21
050-5532-5242


バイリンガル育児情報
無料ニュースレター
ソレイユ・フレンズ
powered byメール配信CGI acmailer

ソレイユ・インターナショナル・
ホーム・スクール

〒150-0012
東京都渋谷区広尾2-17-21
TEL 050-5532-5242

お問い合わせ